ブログトップ
café des deux moulins
cafeddm.exblog.jp
<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
moving??
e0186959_8513778.jpg


おうちネタ、久しぶりになりましたが、引越し準備も大詰めを迎えました。予定どおりいけば、来週中には引越し完了予定デス♪

予定通りいけば・・というのがミソなんですが。笑 この1ヶ月、いろいろヤキモキしすぎて、そんなに繊細な性格ではないのに(笑)胃に穴があきそうでした!

ストレスの日々。笑 おうち購入に興味のある方のみどうぞ。
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-30 10:55 | おうち作りのこと
sydneyからのお客様☆
e0186959_19371582.jpg


シドニーにいた時からずっと仲良くしてもらっているチィ殿一家がメルボルンに来る!というので大ハリキリ!といっても、お友達家族と合同旅行なのでお邪魔虫になるといけないので、1日だけお時間を作ってもらいました☆ とにかく1日で私の好きなメルボルンを色々見てもらおう♪

そんなワケで時間をフルに朝ごはんから。笑 8時半に待ち合わせをして向かったのは、私が「メルボルンらしい」と思うカフェNo.1のjournalへ。チィ殿もだんな様のバン殿もとっても気に入ってくれて、1歳になったばかりのKくんも気に入ってくれたはず♪(←強引)

e0186959_1942196.jpg


そこから、メルボルン名物のgraffitiが見られるHosier Laneへ。オカンをつれて行った時にはちょっと引かれたので(落書き=アートっていうのがやっぱり理解し難いようで。苦笑)心配したけど、バッチリ喜んで写真をいっぱい撮ってました!ゴミ箱のにおいとかが結構すごいのですが、坊ちゃまは動じずスヤスヤとお眠りに。(さすがオオモノ)

e0186959_19462234.jpg


この日は、2人のリクエストで美術館に行こう!というテーマが1つありました。坊ちゃまの英才教育(笑)の一環だったわけですが、当の本人はものすっごい気持ち良さそうに寝てました。。ま、赤ちゃんてそんなモンさね。

e0186959_1946236.jpg


久しぶりのNGV。大人だけで楽しんじゃいました☆やっぱこうやってたまに美術館にでも行ってインスピレーションもらわないとなぁ~。

その後は、他のお友達と一旦合流するためにQueen Victoria Marketへ。そこからお昼を食べにLygon Streetに向かいました。お店はお気に入りのTiamo 2。

e0186959_19493540.jpg


ここまで来たら、絶対連れて行きたいBrunetti

e0186959_1952280.jpg


オカンとメルボルンを歩いたときは1日2箇所ぐらいしか行けなかったので、今回も子連れチィ殿たち(しかもお腹にnewベベ!)、このあたりまでしか行けないかな~と思っていたんですが、まだまだ体力がありそうな2人。調子にのって、この後Brunswick Streetまでも行ってしまいました。笑 かなり充実。

e0186959_1954536.jpg


坊ちゃまはたくさん陽にあたってお疲れかな??? 

夜はチィ殿のお友達も一緒にcocoroへ。暗くておいしいお料理の写真は撮れませんでした、みんなに喜んでもらえてヨカッター。

チィ殿とバン殿はひそかにずっと私をシドニーに呼び戻そうと声をかけてくださっていた方々なんですが(笑)今回の旅でお2人もメルボルンを気に入ってくれて、私がすっかりここに腰を落ち着けてしまったのがわかったようでした。私の今度の目論見は、2人をメルボルンに誘致することかな??笑
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-27 20:02 | 友達のこと
Milford Sound
e0186959_19241578.jpg


今回のNZ旅行のハイライト、ミルフォードサウンドはクイーンズタウンが玄関口と言われています。でもクイーンズタウンからミルフォードサウンドまでって、車で5時間ほど!ミルフォードサウンドに一番近い大きな街はTe Anau(↑写真)なんですが、ここには空港がないのでクイーンズタウンから入っていくしかありません。

クイーンズタウンからミルフォードサウンドまでのツアーって12時間ツアー!うち10時間がバスで2時間がクルーズなのです。もうそれを聞いただけで目眩がしそうで、オカンも体力的に大丈夫かなー??って心配があったので、最初はココに来るのを諦めようと思いました。

でもガイドブック見ちゃったら、オカンがやっぱり「これが最後かもしれないし!」と行きたがったので、決行!デス。 ちなみにクイーンズタウンからミルフォードサウンドの小さな空港まで小さな飛行機で行くこともできるのですが、小型で人数が少ないのでとても高い+お天気によって飛ぶかどうかわからない・・ってギャンブルな一面があります。

e0186959_1937145.jpg


10時間もバスに乗ってたらクタクタだなーって思ってたんですが!なんと、これまでで一番楽しい12時間ツアーでした☆クイーンズタウンからTe Anauまではキレイな湖や山、NZ的な牧草地(with羊!鹿!牛!)が続き、Te Anauから1時間ぐらいすると、すでにフィヨルドランド国立公園に入っていくのですが、そこからが自然のテーマパークって感じでした~!雪崩で流れてきた雪が未だに道路の近くに残ってたり(夏ですよ!)苔がすごい絶壁の山があったり、滝があったり、「谷valley」ってものを実感して見たのも初めてで。。

e0186959_19431637.jpg


1月の頭、ルピナスの最後の時期だったようでこれもまた圧巻でした。

e0186959_1944459.jpg


こちらはmirror lake。しっかりと山々が鏡のように湖にうつってます☆

e0186959_19451087.jpg


これはマヌカハニーで有名なマヌカの花。フィヨルドランド国立公園の中では、かなり頻繁にバスもスポットで止まってくれました。

e0186959_19463046.jpg


この辺りの急カーブ、車のCMなんかにも使われるそうです。

ミルフォードサウンドは雨が降りやすい場所で有名。年間降水量は8000ミリで屋久島と同じ。この日、ずっと良いお天気だったんですが、バスのドライバーさんとガイドさんには、これまでの道のりやTe Anauとミルフォードサウンドの天候は異なるので、まだ分かりませんよ、としきりにおっしゃってました。でも、最後のトンネルを抜けた後、ようやく「ここが晴れていれば、もう大丈夫です!」とお墨付き☆ この1週間で晴れたのはこの日だけだったそうな♪ やっぱり私の日ごろの行い?!(そこは突っ込みナシでお願いします。)


e0186959_1952301.jpg



いよいよミルフォードサウンドに到着!!といっても、もうフィヨルドランド国立公園に入ってから感動しっぱなしだったので、ここだけがハイライトって感じがしなくなってました。笑 でもやっぱりすごーい。

e0186959_1954891.jpg


フィヨルドって氷河によって削られた地形で、山もすごい絶壁になってますけど、水の下も(見えないけど)すごく深いU字谷になっています。このあたりの山には土がないので、山に雨が降った後は雨水を溜め込むことなく、滝となって流れます。この日は、前日すごい雨だったそうで、滝もたくさんみられました♪

e0186959_2022793.jpg


2時間のクルーズ、ほんとあっという間!!

e0186959_2064887.jpg


やっぱりミルフォードサウンドもすごかったけど、フィヨルドランド国立公園そのものがすごすぎて、12時間中ハイライトは2時間のクルーズしかないと思ってたのに、よい感じで期待を裏切ってくれました☆ しかもさすが、世界遺産。余計なお土産屋さんとか、ホテルリゾートみたいなのとかが全くないのですよ!!!日本だったら残念だけど、ぜったいこのミルフォードサウンドの回りにホテルとか立ってそうだし。。笑 


そんなわけで、ミルフォードサウンドクッキーとか、ミルフォードサウンド人形とかそういうのはないんですが(笑)、しっかりと心に残る思い出ができました♪ 私が気に入ったのは、フィヨルドランド国立公園の標語「Only take photographs, Only leave footprints(撮っていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ)」。そうやってこの景色を守っているのだな♪

e0186959_2091768.jpg


クイーンズタウンに戻ってから晩御飯。なんだかサッパリ日本食が食べたくて。なかなか美味しいお店でした。

e0186959_2020228.jpg


クイーンズタウンの最後の日没もとってもキレイ☆とっても充実したぶらり、女2人旅なのでした。
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-23 20:23 | 旅のこと
hello! queenstown
e0186959_18191762.jpg


nzで私がフォーリンラブ!してしまった街、クイーンズタウンに降り立ったのは元日の朝8時半。本当は早朝フライトで眠くってクタクタ・・なんだけど、この街についた途端、なんだかパワー全開!ホテルに向かう小さなシャトルバスの中ですでに、「この街好きかも☆」の予感。

ホテルのお部屋がまだ準備できていなかったので、荷物だけ置いて、さっそくゴンドラへ。ナンちゃらと煙は高い所に上りたがる・・って言いますけどね、まあ、上から見とけってことです。これが大正解!!

朝の澄み切った空気の中、そんなに人がいない展望台でこの景色!

e0186959_1827044.jpg


こりゃ、今年よい年になるぞ!!

e0186959_18283081.jpg


ゴンドラと展望台の景色を楽しんだ後は、ゴンドラのふもとにあるkiwi Birdlife parkへ。このゴンドラやらパークやら、けっこう良いお値段しまして、結構どうしよっかなー??(笑)って迷うところなんですが、今回はオカンも一緒ということと、ここに訪れるのもこれが最後かも??というのがあって、思い切りました。(私としてはね!)

だって、nzに行ってkiwi見なかったって(オカンが)親戚に言ったら(私が)何て言われるやら?!笑 そんな見栄(?)で行ったKiwi Birdlife Parkですが、kiwiにたまげました。

kiwiは夜行性で、音に敏感だそう。右も左もわかんなくなっちゃうような暗室に入りまして、しばらく目が慣れるまで部屋の隅の椅子で待機。ちょっと目が慣れてきたので、そろーってガラス窓に近づいて目をこらしました。きっと木陰とか岩の後ろとかに隠れてるはず!って。 そしたら、私が探そうとしていたサイズとははるかに違うサイズの方が目をこらさずとも、すぐそこに!私、勝手に10~20センチを想像してたんですけど、30~40センチはありました!鶏?!って大きさです。ははーーー、これか!!これは見ておいてよかった!

って代物です。はい。

e0186959_18411331.jpg


この2つのアトラクションを終えて、時間もお昼に近くなったので、街でランチ。今回の旅、ごはんはどこも行き当たりばったりだったけど、ここvudu cafeだけはココでチェックしていましたので、混んでたけど強引に。笑


最初席がないので、子どもの遊び部屋のようなところに案内されて「ちょっと座ってて~」って感じだったのですが、お料理ができあがっても席が空かなかったので、そのお部屋でランチ!店員さんが「ここはVIPルームだから!」って言ってくれたのが、なんかかわいかった☆

e0186959_18483120.jpg


朝食やランチはカフェメニューでパンが多かったので、オカンはそろそろパンはいらんかね。。って感じで。ライスの入ったサラダ!これが結構美味しかった♪

e0186959_18495673.jpg


私はチキンブリトーにしたけど、これもサワークリームとスイートチリがきいて、美味しかったデス。

e0186959_18504665.jpg


NZのコーヒーは、オーストラリアに比べるとちょっとカップが大きめサイズ。私はお腹タポタポになってしまうので、もう少し少なくて良いけど、オカンはたっぷり~!と喜んでました。日本ではブラックのオカンも、Aus, NZでは、ラテとカプチーノを交互に楽しんでました☆

一旦ホテルにチェックインして、オカンにがーっと一休みしてもらってから、また夕方街へ。クイーンズタウンの街をゆっくり見られるのはこの一日だけたったので、かなりオカンにも体力的に無理してもらいます。笑 日没も9時45分くらいだし!

e0186959_1857844.jpg


といっても、プラプラお散歩なんですけどね。こうやってオカンと一緒に歩けるのも、当たり前のようでいて、とってもありがたい瞬間だったりします。そんな何でもない時に、ふと「オカンゴメンねー。。」って思ったり。

e0186959_18572975.jpg


今回、本当は一緒に行こうかな?って言ってた叔母が体調が優れず断念してしまったので、オカンはあそこでもここでも「Kちゃん(叔母の名前)もココ来たら、喜ぶわー」「見せてあげたいわー」と言ってるのでした。

e0186959_18575838.jpg


クイーンズタウン、ここを訪れるのは最初で最後かもと思って、ゴンドラに乗ってみたり、kiwiを見てみたりしたけど、また来るかもしれませんね☆ いや、私は確実に来る!私もここを見せてあげたい人がたくさんいるから♪

e0186959_1963817.jpg


ひと休みで、街でひときわ人気がありそうだったチョコレート屋さんでジェラート。(いつも長蛇の列でラーメン屋?って勢い。)オカンはさっぱりフルーツ系をチョイスしてたけど、どうやら私が選んだチョコレート味が気に入った模様!「チョコレート屋さんだから、チョコレート味が美味しいと思ったんだよねーー♪」 っていう私に早く言ってよー?!って感じのオカンだったのでした。チャンチャン。

e0186959_18581982.jpg


お天気が変わりやすいこの辺り、ちょっと夕方から雲行きが。。。次の日この旅のハイライト、ミルフォードサウンド、大丈夫か?!
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-20 19:16 | 旅のこと
akaroa
e0186959_13485881.jpg


某航空会社(ってドコか忘れただけですが。。)の機内誌で見たアカロア。クライストチャーチからバスで1時間半ほどの小さな街だけど、「フランス人が入植した街」という背景が魅力的♪ クライストチャーチのInfomation Centreで前日バスを予約して、日帰り旅行に行ってきましたー。

e0186959_1402776.jpg


写真は途中バスが止まったLittle Riverという昔の駅。ここで何故だかドライバーが交代。この後すごく急な丘を登っていったので、最初のドライバーのおじいちゃんじゃちょっとムリってことかいな??いや、次のドライバーもちょっとおじいちゃん。。だけど。NZの人は、やっぱりオージーよりなんとなく、のんびり、ほんわかしてる気がします。

e0186959_1441112.jpg


いよいよ、アカロアに到着☆ 桟橋に立ってる小屋(?)がかわいい。


e0186959_1464651.jpg


まずはレストランで腹ごしらえ。アカロアはサーモンでとっても有名なのです!なので、サーモンピザ。肉ダメ母と甲殻類ダメ娘の旅、共通項は魚と野菜のみ。笑 やっぱり、ここのサーモンはとっても美味しかった~☆

e0186959_14101940.jpg
 

ご飯を食べたらゆっくり街を散策。ひそかに「おフランス」だけにプルプルなるようなかわいいお店があるんじゃないかと期待してたんだけど、それはなく(笑)、でもそのかわりに街全体と街中の教会たちがかわいくて、お散歩を楽しめました♪ 

NZと言えばグレーの石造りの教会のイメージが強いけど、ここはどこも木造で、白い木の教会ばかりでした。

e0186959_14133170.jpg


オカンはメルボルンでセントパトリックの中を見てから、教会の中を見るのが気に入った模様。街の3つの教会をまわりました。

e0186959_14135624.jpg


帰りのバスが3時半。到着してから3時間ほど時間があって、1時間ほどで回れるような小さな街なので、することなくなっちゃうかなー??と思ったけど、なかなか楽しめました☆

e0186959_14142249.jpg


ハーバークルーズでドルフィンが見られるアトラクションもあるようですが、それをやってしまうとあまり街を見る時間がなかったと思うので、オカンとぷらぷら、ゆっくりできてヨカッタかな。欲をいうなれば、この街、もっとうまくプロデュースすれば、もっとかわいくなりそう!なんです。(→ちょっと上から目線。) がんばれ!街の人!

でもこのノンビリ加減がNZなんかなー?笑 それも好き。

e0186959_1415618.jpg

[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-17 18:46 | 旅のこと
christchurch☆
e0186959_1852439.jpg


nzの南島の中でも一番大きな街、クライストチャーチ。この街は「Cathedral」と呼ばれる大聖堂を中心に広がっています。前回仕事で訪れた時にもそれほどインパクトがあったわけではないのですが、今回近隣で行きたい場所があったので、中継地点として寄ることにしました。

・・というわけで、私は観光はもういいかな?と思っていたのですが、オカンはやっぱり初めての街なので、色々見たいということでちょっと観光!といっても到着した日は夏なのに11度と冬なみの気温で、デパートに行ってオカンのセーターなどを買い込んで終わりました。笑 

空港からホテルに着いたのが夕方だったので、「ゆっくり安めってことだね~。」と言いつつ♪ そう、この日はクライストチャーチ到着の少し前、飛行機がこれでもか!ってくらいに揺れて、私も気持ち悪くなってたのです。苦笑 ザ☆乗り物酔いの女王デス。いや、ほんと死ぬかと思ったくらいの揺れ!!正直いつ死んでもいいと思ってたけど、そうでもないみたいデース。笑 あはは。。

e0186959_1852854.jpg


翌日は晴れ。ちょっとあったかくなりました♪ この日はバスに乗って私が行きたかった「アカロア」に行く予定だったので、バスの時間までクライストチャーチの街をお散歩。南島で最大の街といっても、ほんとうにビックリするほど小さいです。。どのくらいって・・・中心地は全て徒歩で歩けるぐらい。

ここでもオカンが行きたがっていたボタニックガーデンをしっかりと抑えます。「夏」と思っていたけど、どちらかというと「春」に近い気候。カモの子連れをあちこちで見かけました。生命誕生の季節!

e0186959_15352054.jpg


私のクライストチャーチでのお気に入りは「Art Centre」。昔大学だった建物に、アーティストのスタジオやショップが入っています。でも早朝だったので、お店は開いておらず。建物の見学だけ楽しみましたが十分♪ やっぱりNZはすごく英国的だなぁって思います。

e0186959_1537653.jpg


こんな大学で学んでいたら、勉学もはかどりそうだわ~。。なんて妄想。

e0186959_15384361.jpg


こちらは街を流れるエイボン川。パンティングという川くだりができます。貴族の川遊びって風情??ちょっとタイムスリップ。

e0186959_1540774.jpg


夏の陽はとっても長いので、アカロアから戻ってきても、またクライストチャーチの街観光ができました。前回行ってよかったゴンドラへ。

e0186959_15412970.jpg


ゴンドラって結構いいお値段で、前回かなり迷ったのですが友達の勧めもあって行ったのです。そしたら、頂上から見えたLyttletonのハーバーが絵の具を落としたようにきれいで感激してしまって。


e0186959_15432344.jpg


じゃーん!これがそのハーバー!・・・ってアレ?? 今回はちょっとグレーな色で残念・・。(涙) シドニーハーバーのように空の色を写しているのかな?とおもいきや、この日はうすーい雲のかかった晴れで、前回は雨雲いっぱいの、虹が出ちゃうような空。晴れれば良いってもんでもないみたい!難しい~。次だれかに見せたい!って思っても、こうしてその時しか見れないこともあるから、その時、その時、一緒に見れるのが大事なのだなぁ。

e0186959_15471856.jpg


ちょっと残念に思いながら、展望台から外に出られるところをオカンと歩いていると、ちょっと茂った草むらからドドドドっという足音が聞こえたかと思うと、目の前をひつじの群れが通り過ぎていきました!ひかれるかと思った。汗 


ちょっとびっくり、でも圧巻な感じでオカンも興奮して喜んでいて、次回来てもこのハプニングはないんだろうな~と思うのでした☆
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-12 16:03 | 旅のこと
melbourne tour with okan
e0186959_15403666.jpg


オカンにメルボルンを気に入ってもらえるか、ちょっと緊張ー。(汗) シドニーのきれいなビーチやハーバーって誰もが一瞬で恋に落ちるくらい「明らか」だけど、メルボルンはちょっとそういうんではない。・・と思う。

じんわり、じんわり、なんかいいなぁ・・っていうのがメルボルン。

e0186959_15405848.jpg


今回シドニーからメルボルンというルートではなく、メルボルンに直接来てもらったのが良かったのか、そういった意味でのインパクト負けをすることはなく、意外とすんなりオカンに気に入ってもらえた☆

王道のセントキルダビーチや、St Patrick Cathedralをのんびり歩いたり、素敵なカフェでお茶をしたり。

e0186959_15411335.jpg


自分が思っているよりもオカンは体力がなくなってきているので(年ですねぇ。。)1日2、3箇所と思ってても、1箇所をゆっくり見るくらいがちょうどいいみたい。連れて行きたかった所に全部いけたわけじゃないけど、また次にね!って思えるのもよい。

e0186959_15412681.jpg


念願でけだまちゃん夫妻にも会ってもらって、一緒に夕食会。Hu Tongで小籠包をいただく。エビ大好きなおかんのために、けだまちゃんがおつきあいしてくれた♪(私は食べれないんで・・。)

e0186959_1548497.jpg


けだまちゃんたちのこと、「親戚がいると思って、安心したわー」なんてオカンが言ってくれたので、ちょっとウルっと来たり。いつも心配かけてごめんねぇ~。。

e0186959_15482192.jpg


メルボルンはゆっくりしてほしかったので、遠出は1箇所だけ。お決まりの「ペンギンパレードのツアー」でPhilip Islandへ。オネエもにゃぐちゃんも連れてったこのツアー。最初に行った時はまったく期待ゼロだったんだけど(勝手なイメージでペンギンツアーってやらせぇ??って思ってた。笑)見た瞬間、かわいくてかわいくて「何度見ても良い」と思えた。

そんな話をずっと前からしてたもんだから、オカンもメルボルンに行ったら「ペンギンツアー」って思ってたみたい。

e0186959_15483969.jpg


コアラを見たり、ワラビーを見たり、エミューを見たり、ウォンバットを見たり。ペンギン以外にもたくさんの動物が見られてお得でした♪ペンギンツアーは、ペンギンパレードだけを見るための夕方からのExpressツアーもありますが、値段的に+30ドルくらいで半日のツアーになるので、こちらが結構おすすめかな??


e0186959_15485057.jpg


ただ、冬の場合は凍えるほど寒いのでしっかりと防寒が必要だし、夏はペンギンが浜に戻るのが9時過ぎなので、メルボルンの街に着くのが12時以降になってしまいます!シティのホテルでなければ、そこからtransportが必要になるので注意です!!(電車は終電が終わってましたー・・。)

e0186959_1549396.jpg


今回バスの運転手さんが教えてくれたのですが、Nobbiesのボードウォークでは、じっくり観察していると巣に残っているペンギンを見ることができます。ペンギンパレードでは完全に写真は禁止されていますが(フラッシュがペンギンの目をだめにしてしまうため!)、ここなら明るいうちにフラッシュなしでペンギンをちらっと撮ることが可能です♪ 穴の奥すぎて、私はうまく撮れなかったんですけどねぇ~。汗

e0186959_15491744.jpg


メルボルンに戻ってからも、hookedやmarket lane coffeeなど、最近お気に入りのお店などをゆっくり楽しんでもらいました。

e0186959_15492946.jpg


オカンが一番気に入ってたのはボタニックガーデン。ボタニックガーデンに行くと、オカンは色んな花の名前を知ってて、聞くとおじいちゃんが花が好きで色んな花を庭に植えていて、小学校の頃は学校にもって行ったりしたそう。毎日来ても良いって言ってたから、相当気に入ったのかな??

気張った所ではなくて、それだけでメルボルンって良い街!って思ってもらえたっていうのは、私にとってはとても意外で、それでいてとっても嬉しいことなのでした。
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-10 19:02 | 旅のこと
merry christmas
e0186959_13354820.jpg


あけまして・・なんて言っておきながら昨年のクリスマスの話題に。笑 写真を撮りためているので、クリスマスについてと旅行記をサクサク書いていきまする。

バド部メンバーでのクリスマスは早めに終わってしまったので、クリスマス当日はさてどうすっぺー。。。ということで、いつものけだまちゃん夫妻と、今年はSOHちゃんも加わってご飯会。

この日お仕事だったので、私はサラダ担当で楽をさしてもらっちゃいましたー。しし。エビで鯛ってこのこと!

e0186959_13462122.jpg


みんなが作ってくれたのは、豪華な「クリスマスらしい」お料理の数々。

e0186959_13475991.jpg


なかなか一人じゃこんな手のかかったお料理はしないので、嬉しいかぎり☆ ちゃんとクリスマスらしくなりました。

e0186959_13481749.jpg


2009年、最後までおなか膨れっぱなしなのであった。。腹八分目が信念の自分、どこ?笑 
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-08 22:41 | 友達のこと
a happy new year!!
e0186959_19512065.jpg


遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます!

年末年始にかけておかんとNZ & Sydneyを旅して、ようやくわが家に戻ってきました♪ 今年もallieのつれづれにお付き合いいただければ幸いです☆


みなさんのブログに新年のご挨拶に伺えませんでしたので、ここで代わりにご挨拶させていただければと思います。

2010年までは私の運もノってるようですので(笑)、あらーちょっと今年もアンラッキー?という方、近しくお付き合いいただければこの運に便乗できるかもしれませんー。笑 その代わり、来年あたりから私はとことん運の良い方の後ろをついて周ることにします。

新年はNZの南島クライストチャーチで迎えました。写真はクライストチャーチのボタニックガーデンのあじさいです♪ 元旦の日は早朝フライトだったので、大晦日は10時半には寝てしまったのですが、泊っていたホテルの近くでNYEコンサートやカウントダウン、花火があったのでカウントダウンはベッドの中で聞き、その後の花火はホテルの窓から眺めることができました。

おかんも一緒だったことや、旅の途中だったこともあり、これまでの中で一番「気負わない」年明けだったかな?? あー、今年も終わるわぁ。。とか今年はこうしなきゃ!!とか、全くなくて。31日も1日も何度も「今日は大晦日だね」「元旦だね」って確認しないと忘れそうになるくらいでした。笑 意識しなければ、こんなにもフツウの金曜日とか土曜日、今日と明日って感じなのだなと。

1日にまっさらな1冊のノートを与えられたみたいな気持ちになるのもとっても好きだけど、さっそくノートに失敗した時に、もうこのノートはいいや!次のノート!って思うのも寂しい。苦笑 人生とは1年ごとにリセットされるものではなくて(リセットしたい時もあるけど)、こうやって実は継続しているものなんだなぁ・・と思ったり。


とは言いつつ、年末年始はおかんと一緒でひとりの時間がなくなることが分かっていたので、12月頭には毎年年末に作っていた2つの大切なリストを作成しておきました。①目標リストと②感謝リスト。

「目標は締め切りのある夢」。これは私の大好きな本の言葉です。夢は漠然としていて叶うかどうか分からないけど、それを具体的にいつまでに達成するか決めると夢は夢ではなく、目標になる。きちんとリストを作ることで、自分の道を見失わないように。

そして感謝リストは「人は水がなくなるまで水の価値に気づかない」と言ったベンジャミン・フランクリンの言葉を忘れないようにするためのリスト。感謝している人の名前を全て、感謝しているモノやことを全て書きだして、これを自分が不幸だと感じたときに読むことにしています。「人は持っているものよりも、持っていないものについて考える」生き物ですから、自分がどんなに恵まれているかを感謝しながら今年も過ごしていきたいと思います♪
[PR]
by deuxmoulins | 2010-01-07 20:37 | ごあいさつ